読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『一命』

オリジナルの『切腹』は未見で、概要は聞きかじったことがある、というくらいの状態で観に行きました。冒頭の、凄惨極まる切腹に苦悶の表情を浮かべる瑛太の演技がよかったので、この映画はいい映画になりそう、と思えましたよ。
武士の象徴でありプライドの拠り所ともいえる刀を売ってしまうほどに困窮をきわめた武士:千々岩求女は、とうとう万策尽き、食い詰めた浪人の間で流行りつつあった狂言切腹*1により金子を得ようと井伊家へ出向く。しかし、狂言切腹は断じて許さぬ、という井伊家の面目の前に、求女の試みは失敗しただけでなく、本当に自刃をしなければならない事態に陥る。彼の脇差は竹光だった*2のだが、井伊家の家臣は求女に、自ら持参されたこの脇差で腹をかっさばけ、と命ずる。病気の妻子を医者に見せるのに三両必要なのです、と意地も体面をかなぐり捨てて訴え出、せめて最愛の妻子へ別れを告げに行きたいと時間の猶予を申し出るもそれもかなわない。「武士に二言はない、早く腹を切れ」とせっつかれ、八方塞りとなった彼は、最後の最後に武士である自分面目だけは守るべく、斬れもしない竹光を無理やり何度も腹につきたてて切腹をするのだった。   
求女の凄惨な最後に至る経緯を彼の岳父である津雲半四郎(市川海老蔵)が回想しつつ物語るという形式で進んでいきます。半四郎及び求女の父らはそもそもひとかどの大名(福島家)に仕える武士であったのだが、徳川幕府武家諸法度を盾にして豊臣恩顧である福島家を理不尽に取扱って御家取り潰し状態にしてしまい、半四郎らは浪人の身となってしまう。武家社会における絶対的な主従関係の中でいかに忠実に振舞おうと、徳川幕府は「自分の前の為政者寄りだったヤツってうっとおしいよな」という“気分”みたいなもの*3で、外様を疎んじて、あげくは御家を取り潰したりする。現権力者である徳川幕府は、御法度だとか、武士道だとか立派そうな名目を述べ立てつつも、結局は、きわめて人間らしい因縁やどろどろした感情や気分ひとつで、相手を振り回し運命を変えてしまう。武士道はもっともらしい理由をつける看板にすぎないわけよな。
しかしそんなふうに浪人の身におちぶれ、貧しい生活をしながらも、半四郎らは結局“武士であること”をやめられない。半四郎は、娘の美穂(満島ひかり)を裕福な町人に嫁がせるのではなく、求女に娘をもらってくれ、という。好いた同士であることが肝心なんだ、というその理屈はたしかに近代になってできあがった「恋愛」という概念に慣れ親しんだ現代人には当たり前のように見えるけど、劇中の江戸に生きる武士としては、やっぱり“身分の違い”という考え方もあったんじゃないかな。町人ではなく武士で人柄もよく知っている求女に娘を嫁がせたい、それに二人ともお互いに好いてるようだし、というような感じ。でも、好いているという感情は満たされても、経済的な苦境が解決するわけじゃない。愛が深いから、身分が武士であるからといって金が生まれるわけじゃなく、ついには貧しさゆえの悲劇につながる。結局、半四郎は武士の面目を重んじたがゆえ娘の美穂を不幸にし、美穂も武士の家の作法に縛られたが故自分の身を犠牲にし、求女も武士としてのプライドを重んじたがため、自分の命にかえても守ると誓った家族を、生き抜いて守ることができなかった。金がなければ愛する家族を支えられないし、武士の面目を重んじても、命がなければどうしようもない。求女も美穂も、自縄自縛の末、自分らの命(と幼い子の命)を無いものにしてしまったとしか見えず…。しかしこのような“武士”の面目に縛られてしまった末の悲劇があったからこそ、半四郎が最後に気が違ったように*4大立ち回りをするに至る説得力があるな、と思いました。武士の形骸的な面目や体面にふりまわされることのばかばかしさが、かけがえのない3人の命の犠牲のうえ、半四郎にもやっとわかったのだな、と。なにも失うものはない、明日を生きない者のおそろしさ*5海老蔵は鬼気迫る目で体現しておりましたよ。
2Dで観ましたが、自分はそれで十分。映像もぱきっと綺麗で、とくに八方塞がった最悪の悲劇的状況でスーパースローで降る雨粒のなかに満島さんがふらふらとうつろに外へさまよい出るシーンに不吉さは印象的でした。井伊家の面々も役所さんは言うに及ばず、青木崇高新井浩文、浪岡一喜らいい顔が揃ってました。
あと要所要所で出てくるネコも結構よかったです、ある意味これは犬映画ならぬネコ映画かもしれませんな。
『一命』(2011/日本) 監督:三池崇史 出演:市川海老蔵、瑛太、満島ひかり役所広司ほか
http://www.ichimei.jp/
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD18651/

※途中のまんじゅうの伏線があったうえでの、求女の遺体が握りしめていた和菓子のくだりが地味によかったです
※ラストの皮肉もきいておりました。なんか現代社会の風刺的な感じもありますな。

*1:本当に切腹するつもりはないが、お宅の敷地内で切腹をさせてくれ、と申し出ることにより、屋敷側から面倒事を避けようとして金をいくばくかもらおうとする行為

*2:刀を売ってしまってたので

*3:歴史詳しくないのでざっくり書いてすみません…

*4:武家社会ルールの外に出た=キチガイ扱い、って感じです

*5: (c)『アジョシ』