読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q』観たよ

シンジくん、おつかれさま。
14年間も漂って、目が覚めたらまるで別世界。誉めてくれるだろう、と思ってたミサトさんはじめ皆からは冷たい視線。ピザボーイ=ジェシー・アイゼンバーグも嵌められてた爆破装置首わっか嵌められて、その理由も知らされずに、放置され。しかもNERVじゃない;NERVを倒そうとしている組織だし。前はエヴァに乗れ乗れといわれたのに、今は乗るなっていうし。そして、綾波の声がきこえてNERVに連れてかれたと思ったら、そこでも放置。命を賭して助けたはずの綾波も冷たい態度。
観た者誰しもが思うとおり、みんな説明しなさすぎ。コトバはなんのためにあるのですか。コトバは十全ではないし、発する側と受け取る側でまったく同じニュアンスで伝わることも難しいツールではあるけど、それでもコトバが生まれたのには、それでも分かりあいたい、誤解をなくしたい、平和でありたい、っていう気持ちがあったからじゃないの?相手をののしるため、ケンカをふっかけて戦争したい、というよりは、親愛の情を伝えたい方が先だろうよ。
だのに、それを使わないとは。それは、コトバの力も信じられないほど、コトバが無力化するほどの目にあったからでしょう。シンジくんの覚醒によるサードインパクトはそれほどのものだったということか。それにしてもそこから立ち上がり、NERVの陰謀に抗しようとしているミサトさんたちは、あきらめちゃダメだろう、コトバを捨てちゃあダメだろうよ。
戦闘シーンの新たなヴィジョンを啓いてくれるシークエンスはワクワクさせてくれる。というか何が起こってるか正直すべては理解しきれぬまま、めくるめくシーンにおぉぅ、と圧倒される。最初の宇宙シーンとラストのスピードと視界がひらけていく感じが好きだ。そして、そこでは戦う女子たちが生き生きしてる。でも、どこか諦めみたいな。永遠の14歳、戦闘を運命づけられた運命を受け入れた諦念のような、ある種エヴァに乗り、L.C.Lに満たされることはヴァンパイアに口づけされた者が担わされる運命とある種似たようなものなのでしょうか。
カヲルくんは想像以上にかわいそうであった。腐女子受けを相当に意識しただろ、と思わざるを得ない二人の連弾のシーンもよかったね。ただ、ミサトさんがぷはーっとビールを飲む、たのしげな音楽がかかるシーンがなかったのが大変さみしかったな。
来るべく最終章の前段階。まさに起承転結の転。鬱モードの転。さて、破までのハイから一挙にローに転じたのはTVシリーズ後期の感じを思い起こした。最終章次第で今作の感想も大きく変わりそうな、嵐の前の転の一作。不毛の地に立つアスカ、シンジ、綾波に待つ運命は。さて、次は何年後かな。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012/日本)監督:庵野秀明(総監督)、摩砂雪前田真宏鶴巻和哉 声優:緒方恵美林原めぐみ宮村優子坂本真綾三石琴乃山口由里子石田彰
http://www.evangelion.co.jp/

つぎはミサトさん、リツコさん、加持さん(生きてるの?)にも活躍していただきたい