読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2012ベストカーディガン/メガネ理系男子Q現る『007 スカイフォール』

映画

007映画はそんなに観てない。ボンドといえばピアース・ブロスナンのイメージがあって、なんだかチャラくて、現実にありえん夢想的ガジェットだらけで、女にモテたり裏切られたりでもやっぱり007のほうが一枚上手とか、自分の中では、一見さんには敷居が高いイメージ…というか“おっさん”なイメージだったんですよね。ヤクザ映画とかスパイ映画好きな「おじさん」層にむけた「おじさん」が主人公の映画、というような。
それがクレイグ演じるボンドになってからはリアリティ路線もあって、なんだかテイストが違うようだ、と。しかも『スカイフォール』は予告をさんざん観たのですが、映像のスタイリッシュさが半端ではない。カフスを直すボンド、ユニオンジャックにつつまれた棺、マカオの幻想的風景…監督はサム・メンデス、音楽もかっこよさそう、ということで007ほぼ初心者ながら楽しみにしてきました。
今作を好きー、という人の感想はすでにたくさん出ていて、Mが英国のメタファーであるとか、もろもろ、うんうん、とうなずきつつ読んでました。とりあえず、自分が好きだったポイントを書いてみる。
・スタントが頑張っている
これはデカい。一番のアクションシークエンスである冒頭のグラン・バザールでのアクション。生身の人間が頑張ってます。めくるめくカーチェイスに高所でのアクション、列車を利用した見せ場。すばらしい、たのしい、エキサイティング。
・世界ツアー(みたことない風景みせてくれ)
イスタンブール、上海、マカオ、軍艦島モチーフの廃墟の島、スコットランド…とりわけ上海シークエンスは息をのんだし、マカオのこれでもか、といわんばかりの東洋エキゾティックな光の風景に夢幻のヴィジョンを見せつけられた。一転してのスコットランドの暗鬱な空の下の荒涼とした中に立つ館もよかったね。まさに、映像のちから。
・ハッタリかますスパイ・ファンタジー感
予告のハビエル・ダルデムが羊たちの沈黙ばりのケージに入ってるのをみて、アレ?と思ったけど、彼が逃げ出してからの展開のご都合展開。いくら超絶頭脳の敵キャラとはいえ、そこまで計算づくってムリでしょう、と思うけど、あーもーおもしろいからまぁいいか、と。これはキャスティングのおかげもあるな、だってシガーですよ。ねえ。このあたりは往年のボンド映画らしいファンタジーな展開だな、と。今作の映画内世界観で押し切られた感。
・落とし前をつけたM
M→Mへのバトンタッチは納得の物語。新Mもいいキャスティングですね。
・カーディガン男子Qがキュートすぎた
これは…観たもの皆萌えを感じずにはいられないでしょう。カーディガンの似合うメガネ男子、最強。しかも理系でハッカー。最強要素が何乗にもなってる。
ファンタジーとリアリティのあんばいもほどよく、時間の長さを感じさせない圧倒的映像の力。英語のセリフも練りに練られたこじゃれた会話。これは今年を代表する作品のひとつだと思うし、繰り返し観たくなるような作品であったな。Qのところだけでご飯が何杯も食べられそうである…(あ、クレイグも当然ながらよかったし、バルデムもよかったよ。マミイっていって甘えるバルデム…)
『007 スカイフォール』(2012/イギリス= アメリカ) 監督:サム・メンデス 出演:ダニエル・クレイグハビエル・バルデムジュディ・デンチレイフ・ファインズベン・ウィショーアルバート・フィニーナオミ・ハリスベレニス・マーロウ
http://www.skyfall.jp/site/
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD21630/index.html