読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよなら2012(年末雑感)


※写真は自分的大晦日イメージキャラクターの美しいメラニー・ロランさんです(一昨年の大晦日に観た映画が『オーケストラ!』だったので大晦日といえばこのメラニーさんが思い浮かぶ)。
子どもの頃は大晦日は特別で、午前零時新年を迎えた瞬間空気までかわったような気持ちになった。いまやそんな年末感もないけどさよなら2012、ちょっとだけ振り返る。
・仕事が困難
現在進行形。仕事に関して身の処し方をこれまでの仕事人生で一番色々と悩んだ、でもお金はやっぱり大切で、お金がないと映画や旅行だのは当然、最低限の生活もたちゆかなくなる。お金がない苦しみは、自分の気持ちをぎゅうぎゅうに絞り、疲弊して、生きる意味すらわからなくなることにもつながりかねない。仕事で疲弊するのと生活で疲弊するのはどっちがマシだかわからないけど、春には状況は変わると思われるのであと数か月我慢*1、これが何年も続くとなるとムリだけど。マラソンの最後のトラックを走るがごとく、足を一歩一歩前に出す(→一日一日職場にいって仕事する)。先日ボクシングを生観戦したんだけど、明らかに劣勢のボクサーもフラフラでもKOだけは嫌だ、という一心で、ようやっとのことで立って、ガードを固めてるんだよね。あの気持ちわかるよ。わかるよ。倒れたくはないね。
・コミュニケーションさまざま
基本、人と人とは理解しあえないものと思っている。だから、似たような価値観の人と出会って「そうそう!」と共感できるのがものすごく嬉しく、幸せだと思う。また、異なる価値観だけどその違いを尊重/尊敬できる人と出会えるのも嬉しい。違うっていうことを尊重しあえるのは刺激になるし、新しい知識の地平もひらけるし、楽しい。なんだかんだ言って、自分が一番だし、自分が正しいと思ってしまう…というかそうじゃないと生きてけないし。でも、自分基準を押し付けるのではなく、自分基準=あたりまえ、と思うのではなく、徐々にわかりあったり、認め合ったり、信頼できる関係が築ければ…、というのが自分が理想とするコミュニケーションかな*2とぼんやり思った2012年。決めつけられたり、頭ごなし、って本当にダメだ。信頼の地盤があれば大丈夫なんだけど、そういう関係築くのは無理な人もいる。それが「相性」でしょうな。会ってすこし話しただけで「あぁ、この人なら大丈夫」って分かることもある、まさに「相性」。どこまで行ってもタイプが違うなぁ、という人と血縁とか仕事とかで多少ムリしてでも関係を繋がねばならない場合もあるけど、そうじゃなければ、ムリはしたくない。
・コトバは強力
自虐的に自分のこというのは大丈夫でも、他人からそれを言われるとしんどい、ってことがある。自分でネタにはできても、他人から言われると結構きびしいというか。思ってもいなかったほどボディブロー的に効いてくるというか。コトバはそれだけ力があるんですよね。twitterでながれてくる下ネタとかは、なにか*3を円滑にさせる記号であったりすることが多いから別段気にならないけど、ある対象に向けた言葉はネタかもしれんが、結構それは言っちゃダメじゃ?というレベルのものもある。自分が思うとおり伝わるとも限らない、曲解もあるし、自分の表現が誤解を招くこともありうる。あとその場のノリでわぁわぁ言ってるんだろう、と悪意がないことは分かるけど、でもやはりちょっとしつこいとうんざりもする。自戒しなくてはな、と思ってるけど難しいね。かといって当たり障りないコトバばかりでもダメで。スッと胸の奥まで届いたり、ハッとさせられるコトバは、信頼や信念/誠意等に基づくコトバなんだろうね。知識の詰まったキラーフレーズとかじゃなくても、ジャストなタイミングで、さりげなくかけられるコトバが強かったりもする。おもしろいものですな。
・人は変わらないし、変わったりもする
基本、人って変わらないと思ってる。人生観変わるような出来事があって別人のようになるなんて怪しい。そんな劇的変化は洗脳と一緒じゃない?地震があったり、いろいろの災厄等があっても、人の性格はそうそう変わらない。変わるとしたら、本人も気づかないほどの徐々に変わると思います。例えば大地震が起こっても、その後の地震によって影響のあった生活を丹念に生きていくうちに、物事の捉え方や考え方が変わる、というように。平たく言えば、“日々を経て、歳を取れば変わっていく”。学生の頃とかの自分、若かったなーと思う。十二分に大人だった5年前の自分についてすらそう思う。色々経験して、丸くなったり、想いがさらに強固になり信念になったり、あれはちょっと違ってたな、と軌道修正したり。ま、そうやって2013年も過ぎていくことになりそう。
人はかわらない、ってそれは自分も当然そうで、いつも同じことばっかり書いているな。この文章もすごい既視感。や、でも年末に一回ちょっとまとめたかったんです。きっとこれからも同じことを何回も書きそうな気がする…
細々とやっている日記で、自分の頭の中の整理とか、文章書く欲を満たしたり、・・結局自分のための日記ながら、読んでいただいて反応があると、おぉ、こんな片隅の文章をみつけて共感してもらえるとは、と天にも昇る気持ちになるります。読んでくださった方々、ありがとうございました。来年もぼちぼちやります。それではよいお年を。

*1:裏返して言うと、職場の周囲の人はこんなダメダメな自分に対して我慢することになるんだろうね。すまぬな…

*2:というか、自分の性格上それしか出来ない

*3:なにをだ?