読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病を得た後の人生『50/50フィフティ・フィフティ』

マジメで健康に留意し、車の運転は危険だからと免許すら取らないほどリスクを避けて生きてきた27歳の青年アダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が、ある日名前を覚えるのも一苦労するような病にかかったと宣告される。平たく言えばガン。医師はコンプライアンスの関係か、患者の眼を見ることもなくつらつらと告知している言葉を録音している。彼は医師で、病の宣告も仕事=彼の日常だからまるで日常の一コマのように“こなしてる”感じ。でも告知を受ける側にとっては非日常、というか“自分”という個の実存が揺さぶられる事実の宣告。誰だって、生まれてきたのははじめてで、人生で経験することはすべて初めてで、当然、死ぬこともはじめて。生あるうちに行うことは、2度3度と繰り返す、あるいは毎日繰り返すことだってあるけど、死だけはすべての人に訪れるのに一回こっきりで、しかもそれぞれの個の数だけ違ったバリエーションでその有りようが存在してて、経験談を聴けない唯一のこと。それゆえ、死という文字が直結して想起されるような病の宣告って、個にとって一大事で重大事。
病名がつくというのは、classifiedされる、って感じ。あなたは病人ですよ、カウンセリングで癒される対象になりましたよ、宣告のショックをうけて今は“悲嘆の段階”にあなたはいるんですよ、病はいまこのステージまで進んでますよetc。それまで意識していなかった死の存在が自分の体内や脳内でどんどん育っていくような感じだな。死へ向けての片道切符。や、でも健康な人にとっても、普通に日々生きることは死ぬ日に近づいていくことに間違いないよね、そういう意味では歩いてる道は同じだろうけど、病の宣告を受けた瞬間、その死までの道程が急に短くなり生の有限性を感じ、“病人”と分類された者が住まう世界に住み始め、違う道を歩みはじめたような気分になる。そんな状態簡単に受け入れられなさそうなのに、主人公アダムは、奇妙なほどにおだかやか。客観的であれ、落ち着け、自分はちゃんと現実を受け入れてるんだ、と自分に言い聞かせてて、周囲にも冷静な態度をしめす。…ジョセフの演じるアダムの気持ちがわかるような気がしてきた、共感というか。それだけに病の宣告を受けたジョセフが普通のほかの乗客と同じような顔してバスに揺られて一人帰りながら窓の外をぼんやり眺めながら、ちょっとにじんだ涙をぬぐったところをみて、彼の隣の席に座って寄り添ってあげたくてたまらなくなった。落ち着いてるようにみせて、やっぱり不安で寂しいに違いないのに、彼はうまく表現できない。
だから、アナ・ケンドリック演じるカウンセラーにすこし怒りを露わにしたり、セス・ローゲン演じる親友とナンパに出かけて、ひっかけた女の子と喋ってるときに「わたし○○のwebサイトつくってるの」と聞いた瞬間「ワオ!あそこの掃除用品の大ファンなんだよ!」と満面の笑みを浮かべてちょっと興奮する主人公*1を観たときにちょっとほっとした。自分を抑えてる彼の心が見えた、ちょっと解放された瞬間だなーと思って。…いよいよ自分の生死がかかった大手術に臨む前日に、免許もないのに親友の車を運転してむちゃくちゃに走り出し、車の中で限界まで叫び、暴れ、アナに電話をする。やっと不安な気持ちや恐怖心を外に出せたのな。その感情を受け止める親友(セス・ローゲン)やアナのような存在がいる彼はいいな、と思う*2。セスの部屋でのベタなあの場面*3や、手術前に見送るセスや両親の場面で泣いてしまった。これは自分の個人的な経験の記憶とかも想起されたからだと思うケド。
彼はこれから先も病が再発することもありうるだろうし、それまでの人生とは異なり死を近しく感じる人生を歩むことになるかもしれない。でもいったん抑圧していた自分を解放して、向き合う経験をしたことを経て、病を受け止めて、寄り添ったりして生きていけるのかもなぁ。なにより親友など周囲のひとにちょっと甘えられるようになった、という意味で変わったのかもね。最後、好きな人にむけて見せたジョセフの屈託のない笑顔はその証左のような気がしましたよ。
アナ・ケンドリックは可愛いすぎた*4!でもブライス・ダラス・ハワードのヤな女っぷりが絶妙でした*5
『50/50』(2011/アメリカ)監督:ジョナサン・レヴィン 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィットセス・ローゲンアナ・ケンドリックブライス・ダラス・ハワード
http://5050.asmik-ace.co.jp/
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD19677/index.html

ブライス・ダラス・ハワードは『ヒアアフター』での料理教室に通ってた女性役と似たキャラだったな。

*1:潔癖な掃除好きキャラ

*2:と同時にそういう存在がいないって寂しいだろうなと思った

*3:本当にベタすぎ。新喜劇なみのベタ

*4:でもあんな都合よくアナみたいなかわいい子と出会えるかね…とは思うけど

*5:でもほんと気の毒な役だったけど